伝説のELA-M251をベースにハンドメイドされる現代最高峰のベストセラーマイクロフォン


アジカンのボーカル録音に使ったところ印象が良かったので、導入しました。バンドの演奏に負けない、存在感のある音で録音できるところが魅力ですね。ギターロックと相性が良いように感じます。- 後藤正文 (ASIAN KUNG-FU GENERATION, THE FUTURE TIMES)


251




PRODUCT DESCRIPTION

251 は、誰もが求めるボーカルサウンド“そのもの”です。しかし、オリジナルのヴィンテージ251は50年以上経っており、現存する251にはかなりの個体差があります。デビッド・ボックは、30年以上に渡りこのヴィンテージ251をリペア、リビルド、そして”看病”してきました。現代のスタジオやエンドユーザーが、ヴィンテージマイクに日々依存することのリスクはますます大きくなっています。Bock 251は、ヴィンテージマイクが抱える悩ましいリスクなしに "そのサウンド"を得ることができるデビッド・ボックからの回答です。スタジオとユーザーが何年にも渡って日々使うことのできる特別な”声”を収録できる別格のリード・マイクロフォンを提供します。





HOW TO USE IT

251のカーディオイドパターンは、カプセルのバックプレートを遮断し、近接して録音するボーカルに特別な結果をもたらします。近距離を保つことで、魔法の近接効果を得ることができます。あまり経験豊富でないボーカリストの場合には、ポップフィルターを使用するとよいでしょう。 低域のフィルタリングがされていない251では、かつてない低周波成分を聴くことができます。マイクから距離をとった場合であっても、251は、聴いて居て気持ちが良いパワーと深みのあるローエンドを保ち、驚くべきレベルの性能を発揮します。多くのコンデンサーマイクで生じるハイエンドの消失は起きません。無指向と双指向パターンは、ボーカル以外のアプリケーションを収録する際に有効です。

WHAT MAKES IT DIFFERENT

251は、決定的な局面に絶対的な自信を持って立てることができるスタジオマイクロフォンです。独自のドイツ製のカプセル、手工製のオーディオトランス、マイク増幅のNOS真空管、ハンドビルドの外部パワーサプライ、低静電のカスタムオーディオケーブルが使用されている最高峰のマイクロフォンパッケージとなり、最高のレコーディング品質を満たさなければならないアプリケーションに直面する際に選択できる理想のマイクロフォンです。典型的なスタジオマイクのレンジを遥かに超える周波数特性を持つBock 251は、現代マイクロフォンの新しい基準を定義します。

FOR VOCALS

251はあなたが長年望んでいた巨大なボーカルサウンドを即座に提供します。これは女性ボーカル、男性ボーカルいずれにおいても同様に印象的なものです。ボーカルが持つ親密で微妙なディーテールをキャプチャし、高SPL時でもその完全性を維持します。高密度なミックスの上でも EQなしにトラックの“上に座る”ボーカルを得ることができます。

FOR INSTRUMENT

251は、重要な弦楽器、オーケストラ、コーラス、小さなアンサンブルなどに非常に高いパフォーマンスを発揮します。優れたトランジェントレスポンスが、あなたのレコーディングにおけるGOODとGREATの違いを綴る難解なハーモニックディテールを明らかにします。


仕様

・指向特性: カーディオイド、無指向、双指向(マイク本体搭載の切替スイッチによる)
・周波数特性: 10Hz to 18kHz, +/-2dB
・感度: 19mv/Pa
・等価雑音: 18dB (“A” weighted) 32dB (unweighted)
・歪み率 vs.SPL @1kHz: 112dB = 0.5% THD 118dB = 1% THD 129dB = 2% THD
・インピーダンス: 200Ω トランスフォーマーバランス
・推奨負荷: 1.2k オーム
・ダイナミックレンジ (maxSPL-"A"noise): 94dB
・S/N (94dB-noise): 76dB “A”, 62dB unweighted
・カプセルサイズ: 直径1”、デュアル非対称バックプレート CK12 type
・チューブタイプ: New Old Stock 6201
・寸法: 2” dia x 8.5” oal (52x216mm)
・重量:716g
・出荷重量:5.4kg

価格

製品名:251 (にーごーいち)
メーカー希望小売価格:オープン
実勢価格:750,000円(税別)
JAN : 4589756190129




241

27th TEC AWARDノミネート受賞




PRODUCT DESCRIPTION

プレミアなボーカル、ピアノ、アンサンブル、オーケストラに優れたパフォーマンスを実現するハイエンドTUBEマイクロフォン、“251”の単一指向性専用モデル“241”が復刻。ハイエンドなクオリティと高いバリューを求める多くのリクエストから実現しました。

HOW TO USE IT

241の主な用途は間違いなく女性/男性のボーカルです。ポップフィルターを使用し、マイクの近くで歌うことで親密な "ビッグボーカル"を得ることができます。数インチ離れると近接効果は後退し、マイクはフラットな応答をします。さらに離れたところでのマイキングでは楽器やアンサンブルにすばらしいサウンドが得られます。ドラムキットの前ではそこに立っているように聞こえ、弦楽器ではトランジェントと複雑なハーモニック・ストラクチャーのGOODとGREATの違いを明らかにします。

FEATURES

ブライト/ノーマルスイッチがもたらす驚異的な汎用性
すべてのボーカル、楽器に適応する性能品質
さまざまなスタジオ環境に対応するマイクチューニング
手巻きのヴィンテージスタイルのトランスバランス出力
ハンドメイドで個別にテストされるドイツ製カプセル
選別されたNOS“ECC85”真空管の搭載
低ノイズ、低ディストーション設計

WHAT MAKES IT DIFFERENT

Bock 241マイクロフォンは、Bock Audioのハンドメイド・ドイツ製カプセル、手巻きのヴィンテージスタイルのオーディオトランス、内部アンプに使われるNOS真空管、Bock Audioカスタムの外部パワーサプライで構成されています。241には、ひとつのマイクに2種類のサウンドを持たせるユニークなブライト/ノーマルスイッチを搭載しています。ブライトモードは、現代的なハイエンドマイクらしいフィルター感のない伸びやかな高域特性を持ったサウンド、ノーマルモードは、より落ち着いたヴィンテージスタイルの高域特性を持ち、シビランスの強いシンガーやよりダークなサウンドに処理したい場合に有効です。

Bock 241は、記述で表すことのできない永続的なサウンド品質を提供します。たくさんの安価なコンデンサーマイクは、トップエンドやローエンドの派手さで印象を与えますが、“グレイトなボーカル”を収録する為のミッドレンジが欠けています。241が持つミッドレンジのプレゼンス・カーブは、高密度なミックスの中でボーカル立たせる為の重要な要素で、これをイコライジングで得ることは不可能です。“ボーカルサウンド”がマイクロフォンから作り出されることは歴史が証明しています。Bock Audio 独自のブライト/ノーマルスイッチが241に長期的な汎用性を与えています。ブライトモードは、高域特性を広げますが、ザラザラしたり耳が痛くなるようなサウンドになることはありません。241の近接効果(マイクに近づくにつれて低音が強調される効果)は、重すぎになることもブーミーになることもなく自然な力強さが得られます。ミッドレンジはスムーズでポストEQの必要はありません。そして何よりも、シンガーがすばらしいマイクロフォンに向き合うとき、マイクロフォンがボーカルをより高いレベルに引き上げてくれます。 Bock 241は、市場で入手できるもっともビッグバーゲンのリードボーカルマイクロフォンと言うことができるでしょう。

仕様

・指向特性: カーディオイド
・周波数特性: 30Hz to 16kHz, +/-2dB
・感度: 21mv/Pa(-34dBm=94dB SPL)
・等価雑音: 18dB (“A” weighted) 32dB (unweighted)
・歪み率 vs.SPL @1kHz: 112dB = 0.5% THD 118dB = 1% THD 129dB = 2% THD
・インピーダンス: 200Ω トランスフォーマーバランス
・推奨負荷: 1.2k オーム
・ダイナミックレンジ (maxSPL-"A"noise): 94dB
・S/N (94dB-noise): 76dB “A”, 62dB unweighted
・カプセルサイズ: 直径1”、デュアル非対称バックプレート CK12 type
・チューブタイプ: New Old Stock ECC85
・寸法: 2.04” dia x 8” oal (52x216mm)
・重量:694g
・出荷重量:5.4kg
・パワーサプライ: P251トゥルーリニアパワー 115V/230V

価格

製品名:241 (にーよんいち)
メーカー希望小売価格:オープン
実勢価格:600,000円(税別)
JAN : 4589756190709