”47fet”サウンドを更新する"ニューヴィンテージマイクロフォン"の人気モデル


IFET





PRODUCT DESCRIPTION

IFET は、高SPLソースに対応する”ヴィンテージ47FETサウンド”をキャプチャするためにデザインされたファンタム電源で動作するFETコンデンサーマイクです。現代のマイクロフォンで代替えすることの難しい47 FETのユニークなサウンドを再現しています。さらにデビッド・ボックは、IFETマイクロフォンの汎用性を広げるために、スイッチで切り替えできる二つ回路を搭載。ソースに合わせてサウンドを切り替え選択できます。

HOW TO USE IT

VとIのモードを切り替える際は、大きなポップノイズが発生するので必ずミュートをしなければいけません。モードの切り替えとは、IFETの二つの電気回路の入出力を切り替えることと同じになります。近接効果を狙うボーカルなどのSPL特性の低いソースでは、Vモードを選択してください。このモードでは、ブライトになりすぎない暖かみのあるクラシックなサウンドを得ることができます。キックドラムなどのSPL特性の高いソースに対しては、Iモードを選択してください。ここで得られるヴィンテージFETサウンドは、キックドラム、スネア、タム、ベースアンプ、そして声量のあるボーカリストに対して有効です。

WHAT MAKES IT DIFFERENT

IFETは、ふたつの異なるマイク増幅回路、K47型のカプセル、そしてBOCK設計の大きな出力トランスを搭載しています。ひとつのマイクにふたつの特徴的なサウンドを切り替えることができる“モード”を選択して、理想のFETキックドラムサウンドからヴィンテージ感のあるFETボーカルサウンドまで幅広く得ることができます。

“Iモード(Instrument)” は、低域と高域の伸びを向上させる1つのFETと4つのトランジスタで構成される古典的な高SPLのクラスAディスクリート回路になっています。IFETの目標は、高SPLのヴィンテージFETマイクが持つダイナミックなキャラクターを届けることがですが、それにとどまらずヴィンテージ時代には成し得なかったより深い低音とより良いトップエンドを提示します。

“Vモード(Vocal)”は、クラスA のkm84回路で構成されており、シンプルなシグナルパス(ひとつのFET)によって暖かみのある親密なボーカルサウンドを得ることができます。このアンプは、4dB感度が高く、低いSPLソースに最適化しています。ボーカルマイクとして美しいサウンドが得られるように作られています。。


仕様

・指向特性: カーディオイド
・周波数特性: 20Hz to 16kHz, +/-2dB
・感度: 9mV/Pa (“i” モード), 12mV/Pa (“V”モード)
・等価雑音: 18dB (“A” weighted) 32dB (unweighted)
・歪率vs.SPL @1kHz: 126dB = 0.5% THD (“V” モード) 127dB = 1% THD 129dB = 2% THD (increasing distortion is exponential, complex 3rd harmonic)
・インピーダンス: 200 オーム トランスフォーマーバランス
・推奨負荷: 2k オーム
・ダイナミックレンジ (maxSPL-"A"noise): 94dB
・S/N (94dB-noise): 76dB “A”, 62dB unweighted
・カプセルサイズ: 直径1” , シングルバックプレート
・K47 型 消費電力: 1.2mA@48Vdc
・寸法: 52x216mm
・重量: 716g
・出荷重量: 907g


価格

製品名:IFET (あいふぇっと)
メーカー希望小売価格:オープン
実勢価格:270,000円(税別)
JAN : 4589756190143