The DirtBox

Distortion Effect Box for Mics


「DirtBox」は、ファンタム電源で動作するマイクレベル信号専用のディストーション・エフェクト・ボックスで、成功を収めたエフェクト・マイク「DirtMic – Distortion Mic」に内包される回路を独自筐体に収めたものです。これにより任意のマイクを「DirtBox」に接続するだけで、素晴らしいアナログ・ディストーション・サウンドを得られるようになります。「DirtBox」に搭載される2つのトランスは、Low-Z出力のマイクにマッチングされているため、本機を通過した信号をマイクプリアンプに送るだけで、野獣ともいうべきアナログならではのパンチあるディストーション・サウンドが得られます。

「DirtBox」は、48Vファンタム電源で動作し、電池や専用電源は必要ありません。マイク出力を「DirtBox」に入力し、その出力を任意のマイクプリアンプに接続した後、ファンタム電源をオンするとセットアップは完了します。トップパネルのLEDはファンタム電源が届くと点灯します。「DirtBox」の歪み量は、赤いノブの「プリゲイン・ボリューム・ポット」でコントロールします。ゲインを10まで上げると、あらゆる音源にユニークでダーティなフレーバーを加味することができ、ゲインを下げるとより繊細なトーンを得ることもできます。

同梱する「Yケーブル」によって「DirtBox」は2つの機能拡張を得ることができます。ひとつ目は、ひとつの音源からクリーン信号と歪み信号の両方を得られます。「Yケーブル」を介してマイク出力を2系統に分け、一方を通常接続のクリーンな信号、もう一方を「DirtBox」を介した歪み信号としてそれぞれプリアンプに送って使用できます。これらの信号は同位相になるため、得られたふたつのチャンネルは好みの量でWET/DRYミックスして扱うことができます。ふたつ目は、「DirtBox」をコンデンサー・マイクで使用できるようになります。クリーン入力側のプリアンプと歪み入力側のプリアンプの両方のファンタム電源をオンにすると「DirtBox」と直列するマイクの個別に電源が供給され、コンデンサーマイクの使用が可能になります。






「DirtBox」は、レコーディング・スタジオのツールとして設計されていますが、ライブ・パフォーマンスに使用できる可能性もあります。ボーカルにカーディオイドまたはハイパー・カーディオイドのマイクを使用してゲイン・レベルを低く保てば、ステージ上でのフィードバックが起きる可能性を減らすことができます。また、「Yケーブル」を使用すれば、クリーンな信号をモニター用に、歪んだ信号をFOHに送ることもでき、これによってハウリングの発生を抑えることができます。しかしながら、ライブ・ステージでのディストーション制御は簡単ではありませんので、理解のあるライブ・サウンド・エンジニアとよく打ち合わせてステージ上の音量を低く保つようにしてください




価格

製品名:DirtBox (ダートボックス)
メーカー希望小売価格:オープン
実勢価格:47,000円(本体価格:42,728円)
JAN:4589756191911
※Yケーブル、ハードケース付属



メディア