ポール・マッカートニー卿(ex-The Beatles)が選んだモダン・ヴィンテージ47、新世代を定義する最高峰の真空管マイクロフォン





CM7 Suprema



モダンなU47サウンドを持つマイクロフォンとして既に伝説となっているモデル、CM7の一歩上を行くのが新しいCM7 Supremaです。パッシヴ・エレクトロニクスが際立つその品質は、ダイレクトなロー・エンドのレスポンスと広大なハイエンドが織りなす高原地帯と言えます。これにオーディオ・ファイル・グレードの電源を組み合わせることで、現代の最高品質マイクロフォンと伝説的なヴィンテージ・マイクロフォンの両方を合わせ持つサウンドを聴くことができます。

CM7 Sは、ヴォーカル・マイクとして優れているだけでなく、ドラム、アコースティック・ギター、ピアノにも最適な選択肢となります。CM7 Sは、非常に優れたトップとボトムを持ち、あらゆるソースから自然なサウンドを引き出すことができるため、プロフェッショナル・レコーディング・スタジオの主力マイクロフォンになります。



Grille



Wunder Audio CM7 Sのヘッド・グリルは、ヴィンテージ・マイクロフォンの仕様に忠実に、3種類のゲージのグリル・メッシュ(外側のラージ・メッシュ、内側のミディアム・メッシュ、そして、その間に挟まれたファイン・メッシュ)を採用しています。これはカプセルと音響的に相互作用し、ファラデーケージのような電子的特性を持っています。この適切に実装されたヴィンテージ・メッシュ・ゲージは、容易に入手できるメトリック・ゲージとは異なり、U47の伝説的なサウンドを保持するために非常に重要な役割を持ちます。



M7 Capsule



M7カプセルの振動板は、スネア・ドラムのヘッドがリムに張られているのと同じように、リムに張られて接着されており、バック・プレートにネジ止めされることはありません。Wunder Audioのバック・プレートは真鍮製で、スイスでの手作業による精密なフライス加工が施されており、1ミクロンの公差でオリジナルのリムの高さは、15/10000インチの仕様になります。(1ミクロン=0.0000393701インチ)。他の多くの現代のカプセルは、CNC加工されており、この厳しい仕様を満たすことはできません。オリジナルのM7カプセルは最大0.0002インチの公差を持っており、1950年代に新品のU47が他よりも良い音を出していたのは、カプセルにこの現代的なアップグレードを施していたことがその理由になります。CM7 Sには3つのマウント・アイソレーション・リムがあります。これはベルリンで作られたヴィンテージM7に忠実であり、2つしか存在しないGefell製M7カプセルよりも優れています。Wunder Audioのカプセルは一度ドイツに送られ、そこで表面を剥ぎゴールドに仕立てられた後に完成します。



Tube



VF14と同等のスペックを実現するために、オリジナルのヴィンテージNOS Telefunken EF14真空管に現代的なアップグレードを施しています。Wunder AudioのNOS真空管は、オリジナルのVF14と同じ生産時期にドイツのベルリン、またはウルムで製造されていたものです。

オリジナルのU47には、1950年代にドイツのTelefunken GmbH社で製造されていたVF14金属管が搭載されていましたが、現在は存在していません。密封された箱に入ったヴィンテージ NOS VF14管は、今では完全に絶滅しています。Wunder AudioのEF 14真空管は、最高の生産年の真空管だけを選別しており、真空管に記載されている日付コードによって、真空管が作られた年と場所を特定することができます。VF14とCM7SのEF14は、内部と外部の部品にすべて同じ金型を使用しています。VF14とEF14の唯一の違いは、フィラメント・ワイヤーの取り付け位置です。Neumann U47マイクロフォンに使用されていたVF14は加熱されていたため、EF14を使用して5.0Vで別のフィラメントを走らせると、EF14はVF14と音的に区別がつかなくなります。パッシヴ・エレクトロニクスでは、これを実現するためにフィラメントの負荷をわずかに変更することで、VF14と同じ結果を得ることができます。



Capacitor



パッシブ・コンポーネントを最適化することで、真のオーディオ・ファイル・グレードを実現しています。オーディオ・ファイル・グレードの機器は通常、レコーディングにおけるチェーンの最後に使われるものとされていますが、Wunder Audioでは、レコーディング・チェーンの最初のデバイスであるマイクロフォンに最高の状態を持たせることが最も重要であると考えています。

最高の録音を聴くためには、ノイズや歪みを最小限に抑えてソースを録音し、音のニュアンスを正確に捉えることができなければなりません。Wunder Audioでは、現在入手可能な最高品質のコンデンサーである「スプリーマ・シルバーゴールド・オイル・コンデンサー」を利用することで、このヴィンテージに忠実なマイクをさらに強化しました。重要なことは、音色的にCM7 Sのコンデンサーは、その素晴らしく自然な歌声と卓越したマイクロ・ダイナミクスによって際立っているということです。(キャパシタンス: 1uF; 誘電体: 誘電体:ポリプロピレン メタライゼーション 99.99%銀、1%金 銀の純度:99.97%以上 typ.99%以下 金の純度:99.97%以上 typ.99%以下)これは、他のエキゾチックなものとは比較にならないレベルの本当に真剣なコンデンサーの話です。豊かで層が厚く、より開放的で空間的な印象をもたらすムンドルフ・シルバーゴールド・オイル・コンデンサーは、ボウリング場の広さ、深さとでもいうべきイメージの深さを表現することに本当に優れています。トップエンドの空気感がわずかに感じられ、これが空間性と微細なディテールを感じさせる要因となっています。このコンデンサーは非常に静かで、録音の奥深くまで見ることができます。その結果、スペクトルが開放的になり、サウンドのステージングが強調され、空気感と透明感が増し、中低域のレスポンス低下の印象を与えないモダン・ヴィンテージ・サウンドが実現します。よりタイトでシャープなフォーカスと粒立ちの少ない、より流動的なサウンドを得ることができます。



Transformer



CM7 Supremaに搭載されているトランスは、非常に希少な「Large Badge」が付いたU47の初期モデルに使用されていたトランスを歴史的に再現したものです。このトランスには、初期のベルリンU47トランスと同じヴィンテージ・ミューメタルが使用されており、NOS(ニュー・オールド・ストック)ラミネートを使用してオリジナルのブラウンブフ仕様で巻かれています。

最初の数百個の個体にあたる Large Badge のU47の最も重要な違いは、トランスのボビンが後のU47トランスよりも1/8インチも大きいことでした。CM7 Supremaトランスには、この大きなボビンの仕様が組み込まれています。CM7 Sでは、問題となっていたPVCワイヤーの絶縁体をテフロンに変更し、100%の信頼性を確保しています。オリジナルのU47トランスは、何十年も経つと劣化してきます。ミューメタル積層の層間の絶縁材として使用されていた透明なPVCコーティングは、トランスの取り付けネジによって擦り落とされ、積層同士が融合して低域と高域の変化を引き起こします。また、ボビンから出ているフックアップ・ワイヤーの絶縁材としてPVCが使われていましたが、このPVCがワイヤーから剥がれ落ち、ボビンの巻線に取り返しのつかないダメージを与えます。66年前のヴィンテージU47マイクロフォンのトランスをはじめとする30個の部品の老朽化が、多くの古いマイクロフォンに見られる好ましくないサウンドの原因となっています。



Power Supply



新世代の真空管マイク専用電源はWunder Audioが独自に開発したもので、1960年代のNeumannデザインに使用されていたヴィンテージの真空管マイク用電源をアップグレードしたものです。Wunder Audioのアップグレードは、クリーンで安定したDC電圧をマイクに供給し、流入するWi-FiやRFの干渉を100%の信頼性でシールドします。

本機は、2極のニュートラル・ヒューズを採用し、最高級のオーディオシステムに搭載されている技術と同等の設計が施されています。PSUは、電圧設定スイッチをジャンパーすることなく、世界中のどの電圧にも接続することができます。内部には非常に正確な30回転のトリムポットが組み込まれており、すべての電圧を微調整することができます。他の多くの電源設計では、電圧トリムを持たないか、ドリフトの影響を受けやすい1回転のポットを使用しています。最も信頼性の高いパターン切り替えのために、CM7 S PSUでは、ミリタリー・スペックのGrayhillスイッチを採用しています。



Box and Carrying Case



Wunder Audio CM7 Sは、ベルベットに包まれ、フォームで裏打ちされたオーク材の柾目の箱に蝶番で留められています。ベルベットで裏打ちされた厚いフォームのツイード・ケースのこの箱には、PSU、ショックマウント、ケーブルも安全に収納できます。ツイードのキャリング・ケースは、ヴィンテージ・ギターケースに使用されているフェンダー・ツイードを使用しており、ヴィンテージ・スタイルのCM7 Sマイクロフォンのヴィンテージ感を高めています。CM7 Sのケースには、丈夫な革製のハンドルとコンビネーション・ロックが付いており、マイクを安全に保管することができます。



価格

製品名:CM7 Suprema (シーエム・なな・スプリーマ)
メーカー希望小売価格:OPEN
実勢価格:お問い合わせください
※専用ツイード・ケース付属
※国内保証:1年(真空管の保証は3ヶ月)





CM7 G Suprema




CM7 G (Glass Tube Switchable) Supremaは、ヴィンテージU47に忠実でありながら現代的なアップグレードが施されたCM7-GTSの最新の進化形です。カーディオイド・モードの切り替えリレーをグリルの外側ではなくマイクの内側に設計することで、よりスムーズかつ、よりフルボディのサウンドを実現しています。CM7 GSのポーラー・パターン・スイッチはPSU上にありますが、回路上の実際のスイッチ・ポイントはカプセル・コンパートメントの真下にあります。指向性切り替えには、オリジナル47にはない、ヴィンテージM49に見られる8つの異なるポーラー・パターンを持たせているため、これらを1つに合わせたような仕様になっています。


Tube

CM7 G Supremaには、NOS(ニュー・オールド・ストック)のTelefunken 800シリーズ真空管が搭載されています。これは、ヴィンテージU47に使用されているVF14Mの派生品である現代的なガラス製の真空管です。同じシステム構成を採用していますが、よりマイクロフォニック・ノイズが起きにくいパッケージになっています。


価格

製品名:CM7 G Suprema (シーエム・なな・ジー・スプリーマ)
メーカー希望小売価格:OPEN
実勢価格:810,000円(税別)
※Telefunken 800シリーズ真空管を搭載
※M7カプセルを搭載
※専用ツイード・ケース付属
※国内保証:購入日より1年(真空管の保証は3ヶ月)