これまで使用してきたどんなオリジナルFairchildよりも、遥かにオープンでクリーンなサウンド持っている。レースでは新しいものが勝つのは当然だし、誤解しないでほしいのは、僕はFairchild 670を愛しているということ。670は、およそ60歳になる機器もかかわらず、よく整備されている個体は、未だ解き放たれた獣の様です。けれども、AT-101に優先して向き合える670を僕は未だ一度も聴いたことがない。- Miles Showell (マスタリングエンジニア – アビーロードスタジオ)

最も正直で正確な670のリプロダクションは、Analoguetube AT-101と言わざるを得ないね。- Sylvia Massy (プロデューサー、エンジニア、アーティスト)

Analoguetube AT-101は、通すだけでパーティーに何かを起こしてくれるんだ。- Ronan Chris Murphy (プロデューサー、ミキサー、アーティスト)

AT-101を手に入れてから、瞬時にお気に入りの機材になった。もう2台目を考えているところさ - Paul Svenre (エンジニア)

情報を抑制したり、欠如させたりしない。単純だよ、最高。- Stephen Marsh(Marsh Mastering)

特別なギアであるとしか言えないし、疑いの余地はないね。- Tom Elmhirst (アデル、エイミーワインハウス、ベック、デビット・ボウイ)

毎日、AT-101を使えることが幸せなんだ。ボーカルのトラッキングから、ステレオバスコンプでの使用まで、AT-101は信号を変えずに驚異的な効果を発揮してくれる。ボトムエンドはヤバいよ。ボーカル、ギタートラックを最高にクリーミーなサウンドにしてくれるし、全体のミックスの接着剤にもなってくれる。最高、愛してる。- Daniel Lynn - Engineer (Ward Archer Studios)

ようやくAT-101のオーナーになれて嬉しいよ。ボーカルには全部使ってるし、ほとんどのオーバーダブにも使ってる。有名な曲のドラム録音にも使っているよ。- Kevin Shields (マイファニーバレンタイン、プライマルスクリーム、パティ・スミス)

通すことで起きる現象は芸術の域だ。スムースなローエンドとオールドファッションの要素が、新鮮さと現代的な透明性に完璧に組み合わさる。- Wes Maebe (レコーディング、ミキシング、マスタリング、ライブサウンドエンジニア)

Fairchild670を踏まえた絶対的に素晴らしいモノだよ、これは。グレイトジョブ! - Rafa Sardina (プロデューサー、ミキサー、エンジニア)

Analoguetube AT-101は、風化することのない正真正銘のエンジニアリングが作りあげた本物の逸品。- Bobby Macintyre (studio 71 records)

これまでに買ったものの中で最高のアナログ機器。僕は自分の素材しか録音しないけど、アイデンティティのあるサウンドを送り出すことはとても重要。メディアで音楽の仕事をすると、多様な音楽ジャンルを作曲することになるけど、すべてにAT-101を使っている。コンプレッションをしなくても単純に音を通してデジタル変換をするだけで良いので、自分のサウンドの中心です。ここ数年、AT-101を所有するようになってから、他の作曲家達が、AT-101がどれほど音楽的なのかを聞いてきて、必ず彼らのミックスにもこれを通すのかと聞いてきます。もちろん答えはYESです。- Barrie Gledden (BBC, Disney, Nintendo, Warner Brothers)

数ヶ月に渡り広範囲に使っていますが、確かにこれは670の忠実なリプロダクションです。製造品質と細部に渡る配慮は、強迫観念的であるとさえ言え、”50年前の設計”から想像されるような厄介なランダムの要素は一切ありません。サウンドや信頼性に矛盾がなく、実際のところベースとなっている機器よりも良い。良いものを手にいれる、それがすべてです。Verve の新作、『Forth』のギターをはじめ、様々のプロジェクトのドラム、ミックスバスに使用しています。それぞれのリリース設定は、どんなアプリケーションに対しても音楽的で、AT-101は、何を通しても最高のサウンドにしてしまう。- Chris Potter (プロデューサー、ミキサー)

僕のレコーディング、ミキシングプロセスで、AT-101よりも“かけがえのないもの”なんてない。- Michele Canova Iorfida (プロデューサー、アレンジャー、ソングライター、エンジニア)

『Tron』のドラム、パーカッション、ボーカル、ベースにAT-101を使っているよ。音は太く、フォーカスは良い。そしてヘッドルームは無限だ。素晴らしい仕事だよ!Alan Mayerson (フィルムスコアリングミキサー)

AT-101は、どんなソースにも対応する究極のミックスバスリミッターの夢を実現してる。この中毒性は、オリジナル670のコンセプトが現実になったものだね。Barry Rudolph (レコーディングエンジニア)

この美しさは、偉大な演奏をレコードにプレスする際、最高の手段になるだろう。もうウィッシュリストに入れたし、近日導入することになるね。- Kerry Brown (プロデューサー、映画サウンドトラックプロデューサー、作曲家、演奏家)

AT 101は、モダンヴィンテージのキラーサウンドを持つ驚愕のコンプだ。ローエンドのシェイピングが行える上、グラッシーなハイエンドと温かみのあるサウンドを得られる。ベース、ドラム、ボーカルの絶対的なファーストチョイスさ。Kevin Dippold (音楽制作、ソングライター、映画作曲家)

AT-101は、いままで作られた中で最高のコンプレッサーだ。もし誰かこれ以上のものを作れるなら、いますぐにでも買うよ。Masi Isohanni (Studio 57 Finland)

届いた瞬間、恋に落ちた。670を最愛する者達の気持ちがよくわかってる。完璧なツールを作ってくれてありがとう。- Francesco Cameli (プロデューサー、エンジニア)

これなしにヤバイものは作れない。魔法ソースなんだ。- Peter Luts (DJ, リミキサー、プロデューサー)




Analoguetube(アナログチューブ)

Analoguetube社は、2008年以来、世界の様々なスタジオに真空管コンプレッサーを製造供給しています。6年間の歳月をかけて作られた、伝統的なワイヤリングと現代的な構造がミックスされたATシリーズコンプレッサーは、あなたの音楽に再び命を吹き込みます。

AT-1 / AT-101は、現代の高品質なパッシブコンポーネント、トランスフォーマー、真空管、オリジナルのスタンダードパーツで構成され、すべてハンドメイドでアッセンブリされています。この技術は、アーティスト、エンジニア、プロデューサー達が忘れることのできない素晴らしい効果を生み出します。

AT-1 / AT-101の製品構想は、2002年にまで遡り、電気技術の黄金期である、50年代、60年代に生まれたFairchild 660/670コンプレッサーをオリジナル通りに“なぞる”ことから始まりました。製品の安定性は、2008年のAES Showに初めて出展されて以来、現在に至るまでのクライアントの数々、スタジオ、ミックス・マスタリングエンジニア、プロデューサー達のフィードバックより向上しています。

一台のAT-1 / AT-101製造には、およそ80時間を要します。寄せられているたくさんのレビューやノミネートが、Analoguetubeが、現代に何を成し得たのかを表しています。同社は、すべてのAT-1 / AT-101製品にライフタイムサポートを約束しています。(送料などの諸費用は、別途掛かります)これは最良のハンドクラフトオーディオ機器を製作していることへの自信の現れです。


AT-1 Mono Limiter



AT-1は、50年代、60年代の伝統的な電気技術によるクラシックなFairchild 660を現代に流通している部品を使って作られる、モノラルコンプです。AT-101よりもリッチなトーン持ち、より多くゲインを稼ぐことができます。バイパススイッチ、ディエッサーの為のKEY入力段、ステレオリンクの際に有効なステップ式のACスレッショルドを標準搭載し、すべての入出力はトランスフォーマーバランスです。ACスレッショルドとゲインリダクションのサーキットは切り離し可能で、真空管の入力段のみを通して使うことも可能です。ステレオユニットで使う場合であってもマイクロ秒の単位でアタックタイムが揃います。

AT-1 x2 vs AT- 101

660と670には、トーン、プレゼンス、ゲインにおいて、歴史的かつ技術的な違いがあり、モノラルモデルであるAT-1/660は、ステレオの670を半分にしたモデルという訳ではありません。ステレオモデルのAT-101/670と比較すると、どちらもフィードバックリミッターではありますが、サイドチェーンの真空管(6L6’s)とパワーサプライの真空管(6BL7)が異なり、信号経路にわずかな違いがあります。また、VCA(6386管)と時定数は同じであるものの、サイドチェーンに異なるトランスと制御出力真空管が使われています。これらの設計上の相違から、AT-1/660は、AT-101/670と比較して、ミッドレンジでのゲインとプレゼンスに少し異なるトーナリティーと持っています。

2台のAT-1は、サイドチェーンでリンクさせて使うことも、完全に独立させた二つのモノラルユニットとして使うこともできます。ステレオリンクさせた場合、個別にパワーサプライを持っていることでステレオセパレーションがより明確になります。興味深いことに、リンクさせたAT-1/660をドライブしたり、コンプレッションさせると、60hz-5khzの周波数レンジに、AT-101/670と同様のわずかなリーケージが発生します。ミッドレンジは、常に複雑にEQされる帯域であるため、AT-1の深みのあるリッチなキャラクターは、固有の魅力として考えることができます。2台のAT-1は、AT-101とはことなるフレキシビリティーと、アドバンテージがあります。

主な仕様

1db 21ステップ毎のオリジナル ‘T’ アッテネーター
オリジナルの補完性真空管
徹底採用の完全トランスバランスのオーディオパス
新開発の6386 トライオード真空管
徹底採用の5 &12 ワットの無誘導性ワイヤーワウンドのオーディオパス
徹底採用のオリジナル無誘導性ポッド
トールポッド取付の21 ステップ ACスレッショルド
バイパススイッチコントロール
ステレオリンクスイッチ
オリジナルアノードサプライ
オリジナルCVTヒーターサプライ
徹底採用のHovland 製Musicap 合成樹脂フィルムキャパシタ
徹底採用のシルバーマイカキャパシタ
徹底採用のポイント・トゥ・ポイントワイアリング 
セラミック真空管ソケット
埋め込み型ステレオリンクスイッチ
Simpson製 電気メーター
トグル、ヒンジ取付のトップパネル
オリジナルフロントパネル
新設計シャーシデザイン
大型コントロールノブ
シャーシ備え付けXLR
徹底採用の特製Sowter製オーディオトランス
切り替え式IEC メインソケット
英国製ハンドメイド

価格

製品名:AT-1 (エーティーいち)
メーカー希望小売価格:オープン
新:市場実勢価格:1,700,000円(税別)
旧:市場実勢価格:1,600,000円(税別)
・受注生産製品(納期約4ヶ月)
・オプションの追加には別途費用が掛かります。
・2017/12/15より価格改定

標準搭載オプション
21 ポジションのステップ AC スレッショルドコントロール(連続可変タイプを選択可)
サイドチェーンコンプの為の外部Key入力
ステレオリンクスイッチ
バイパススイッチ

追加オプション(有料)
CTVトランスフォーマー +70,000円(税別)
カラー変更 +105,000円(税別)
メッキ処理 +150,000円(税別)



AT-101 Stereo Limiter



AT-101は、伝説のFairchild 670リミッターのオリジナル電気回路をそのまま用いた、美しく自然なサウンドを持つリミッターです。オリジナルFairchild 670と同じコントロール、670で使用されていた50年前のチューブタイプを置き換えるために開発された新世代の6386リモートカットオフトライオード管、そしてトランスフォーマー、すべてオリジナルのパーツで構成されています。この“ゲイン・クラッシュ・コンプレッサー”のユニークな特徴は、どんなタイプの楽器であってもそのサウンドに深み、奥行き、明瞭さを付加しながらも音を前に立たせ、太く、大きくさせることができます。これを自然に行えるコンプレッサーは、音楽スタジオに不可欠なツールです。AT-101リミッターは、長寿命耐性のあるオリジナルの真空管と現代に存在する非誘導性部品によって構成される非常に優れた製品です。全てのユニットはオリジナルと同様の高品質な標準コンポーネントで一台ずつハンドメイド生産されます。

主な仕様

1db 21ステップ毎のオリジナル ‘T’ アッテネーター
オリジナルの補完性真空管
徹底採用の完全トランスバランスのオーディオパス
新開発の6386 トライオード真空管
温度表示機能
徹底採用の5 &12 ワットの無誘導性ワイヤーワウンドのオーディオパス
徹底採用のオリジナル無誘導性ポッド
トールポッド取付の21 ステップ ACスレッショルド
バイパススイッチコントロール
ステレオリンクスイッチ
オリジナルアノードサプライ
オリジナルCVTヒーターサプライ
徹底採用のHovland 製Musicap 合成樹脂フィルムキャパシタ
徹底採用のシルバーマイカキャパシタ
徹底採用のフッ素樹脂によるポイント・トゥ・ポイントワイアリング 
セラミック真空管ソケット
埋め込み型ステレオリンクスイッチ
温度超過エレクトロニクス
Simpson製 電気メーター
トグル、ヒンジ取付のトップパネル
オリジナルフロントパネル
新設計シャーシデザイン
大型コントロールノブ
シャーシ備え付けXLR
徹底採用の特製Sowter製オーディオトランス
切り替え式IEC メインソケット
英国製ハンドメイド

価格

製品名:AT-101(エーティーいちまるいち)
メーカー希望小売価格:オープン
新:市場実勢価格:2,700,000円(税別)
旧:市場実勢価格:2,400,000円(税別)
・受注生産製品(納期約4ヶ月)
・オプションの追加には別途費用が掛かります。
・2017/12/15より価格改定

標準搭載オプション
21 ポジションのステップ AC スレッショルドコントロール(連続可変タイプを選択可)

追加オプション(有料)
トゥルーバイパススイッチ +95,000円(税別)
Lat/Vert ファンクション(M/S) +190,000円(税別)
VCAスタンバイ +52,000円(税別)
CTVトランスフォーマー +70,000円(税別)
カラー変更 +105,000円(税別)
メッキ処理 +150,000円(税別)