History

660/670リミッターは、Rein Narmaによって設計され、最初の10台は、彼自身の手によって作られました。一台目のユニットは、JAZZ専門のレコーディングで知られる、ルディ・ヴァン・ゲルダーの為に製作されました。(Reinは、彼の為にレコーディングコンソールも製作しています。) 2台目の660は、ニューヨークのオルムステッドレコーディングの為に作られ、そして、3台目は、マリー・フォードとその夫であるレス・ポールの為に製作されました。Reinは、Gotham Recordingで働いた後、何人かとGotham Audio Development Corpを設立し、新しい製品群となるAmpex 300のアンプを製作しました。レス・ポールが、Reinのことを耳にするようになったのもこの時です。Ampexから新しい8トラックを受け取ったレス・ポールは、それが2トラックのモデルの完成度に遠く及ばないものであることに気がつき、Rein にマシンの不備を改良するように電話しました。



Gotham Audioは、程なくして資金不足により倒産しました。様々の人達がそこから抜け出そうとしていたことから、Reinは、自身の会社、Rein Narma Audio Developmentを設立し、ニュージャージーのベルゲンフィールドにある自宅で仕事を続けました。その後、Reinは、Sherman Fairchildから誘いを受け、ニュージャージーのウェストウッドでFairchild社のチーフエンジニアとして参加するようになります。660/670のリミッターは、100ドルでFairchild社にライセンスされ、およそ30台から40台製造されました。



Rein は、リミッターのi/pに20 dB以上のヘッドルームを持つよう設計し、670は、レコードカッティングの為に作られ、Lat/Vertスイッチも搭載していました。彼がFairchild社を離れると間もなくして670は、生産中止になりました。Reinは、Ranfertone、Ampexのサービス会社と渡り歩いた後、General Instrumentで20年間働きました。近年、Rein Narmaとレス・ポールは、2007年のTECアワードで改めて紹介されることとなり、もっとも高く評価されたコンプレッサーの発明者として表彰されました。1,500ドルで販売されていたオリジナルのFairchild 670は、現在、スタジオでの多様なシチュエーションに使うことができる”アウトボードの聖杯”と称され、59,000ドル超える価格で取引されています。

Fairchild 670 Serial Number 44

このハンドワイヤーされたステレオユニットは、20基のバキュームチューブ、11基のトランスフォーマー(2つインダクタ、2つトランスを含む)を積載する65パウンドのモンスターです。この1963年製造のモデルはすべて手配線で造られており、コントロールI/P、コントロールo/pトランスフォーマー、パワーサプライのキャパシタ、マトリックススイッチに接続されている内部ワイヤリング、すべて再構築され、置き換えられています。また、ゲインリダクション段のカップリングキャパシタ、真空管ソケットを含めた、o/p段のコンデンサも同様です。