Bock Audio


Bock Audioは、偉大なヴィンテージマイクロフォンを基礎とするハイエンドマイクロフォンの設計と製造を行っているメーカーです。創業者/オーナーであるチーフエンジニア、David Bock(デビッド・ボック)は、世界有数のヴィンテージマイクロフォンの専門家の一人です。ヴィンテージマイクロフォンとの長い歴史は、80年代から90年代にかけて西海岸と東海岸の名門スタジオ、オーシャンウェイ、ハイドストリート、ヒットファクトリーのチーフテクニカルエンジニアを担っていた時代にまで遡ります。彼が行ってきた仕事は、クライアントであるレコーディングエンジニア達の為に、日々使用されるスタジオのヴィンテージマイクコレクションをメンテナンス、修理、調整を行うことです。ヴィンテージマイクロフォン達がどのように機能したのか、それがどのように聴こえたのか。これらを理解することは、David Bockが過ごしてきたスタジオ体験のそのものでした。

David Bock は、90年代に、ハリウッドにあったポストプロダクションスタジオ、Soundelux Studiosにてオリジナルマイクロフォンの製造に携わります。彼は、「ニューヴィンテージマイクロフォンプロダクション」というアイディアを具現化し、Soundelux U95をリリースしました。これに続くSoundelux 251、E47、E49などの一連のシリーズは大きな成功を収め,、2007年にこの成功を元に自身の名を冠したBock Audioを創業します。

Bock Audioは、30年代、40年代のヴィンテージマイクロフォンの製造と同様に、サウンドクオリティにフォーカスしたハイエンドな製品を非常に小さい規模で生産しています。このビジネスモデルは、特定のプライスポイントをターゲットに合わせて製造を行うマーケティング手法とは無縁です。Bock Audio の美しさは、所有者が毎日のスタジオワークで、工程の度にマイクロフォンに触れ、最良の結果を引き出していくことに他なりません。これがプロオーディオの伝説です。無関係の株主や取り巻きが介在する世界ではないのです。

Bock Audioマイクロフォンの内部は、David Bockの経験から選ばれたユニークなパーツとハイエンドな部品で構成されてます。これには手引き書にはないDavid Bockの経験が優先されています。ブラス製の堅牢な6ミクロンダイアフラムカプセルのテンションは手作業で精密にコントロールされ、人工的な明るさのない透明感を提供します。また各セクションのBockデザインのトランスフォーマーが、他のいかなるマイクよりも深く滑らかなローエンドを提供します。そしてインダクタベースのオールドスクールなパワーサプライがディスクリートオーディオアンプにダイナミックレンジを提供し、搭載するNOS真空管には長寿命を実現します。BockのユニークなパーツとDavidのデザインの組み合わせが、レコーディングに大きなインスパイアと素晴らしいとパフォーマンスをもたらします。

Bock Audioは、ヴィンテージと同等かそれ以上の最高レベルのパフォーマンスを提供します。生涯に渡って付き合うことのできる特別な使用を目的としたスタジオマイクロフォンです。